藍空ブログ

備忘録として。日々のことを綴っています。自己満足なのであしからず

その3 早瀬耕さん「未必のマクベス」

こんにちは~

最近始めた本のレビューに関してですが、最近本を読む時間が出来たので書ける内に紹介したいと思います。

(次がいつになるかわからないので(笑))

 

今回紹介するのは、早瀬耕さんの「未必のマクベス」です。

早瀬耕さんは1967年生まれの52歳。1992年に第1作「グリフォンズ・ガーデン」を執筆依頼、22年ぶりの長編となるのが今作。

 

勉強不足な私は最初、早瀬さんのことは存じ上げておりませんでした。

なぜ私がこの本に巡り合えたかというと、ある偶然のおかげでした。

仕事柄出張に行くことが多いのですが、先月三重の出張の際クライアントの方と雑談中に趣味の話になりまして、少し読書トークが盛り上がったのです。

 

読書する本を選ぶ際、とくにこだわりがなく、むしろミーハーでお勧めの本をググる傾向がある私は、読書が趣味の方と話が合うと必ずといっていいほど「最近お勧めの本はありますか?」と聞きます。

その方にお勧め頂いたのが「未必のマクベス」でした。

その方いわく、最近どはまりしたとのこと。

割と読む本の趣味が合う方がそうおっしゃってたので古本屋で探して見たところ、BOOK OFFにて発見。

読んでみると、これがなんと面白いことか。久しぶりに読む手が止まらなくなる本でした。

 

簡単にあらすじをまとめると・・・

IT企業に勤める主人公の中井優一は東南アジアを中心に交通系ICカードの販売に携わっていた。

高校時代からの友人であり同僚の伴浩輔と共に、バンコクから帰国する途中、急遽香港行きの便が澳門へと変更となる。

この澳門へのダイバートが物語の始まりであった。

謎の売婦からの予言、カイザー(皇帝)と名乗る男からの商談、香港の子会社への出向、偶然起こったかのように起きた出来事は、やがて1つの物語のストーリーのように絡み合っていく。そう、すべてはマクベスの為に…

 

私の文章力がないのでよく分からないストーリー紹介となってしまいました…ごめんなさいorz

 

ここからは感想!!

この作品の何がすごいかと言うと、ずばりストーリー構成がうまい!

いきなり会った売婦にあなたは王になる。と言われて、王になるんだ(ジオウか)というストーリー展開や、殺し屋が出てきたり、高校時代に好きだったと人が天才プログラマー且つ、整形してたりとか、一見無茶苦茶な設定でもあるのです。

しかしこれが読んでいく内にパズルのピースのように綺麗にはまっていき、恋愛且つ、サスペンス且つ、推理小説のような様々な要素を含んだ極太小説の世界に引き込まれていきます。

特にあるシーンから急激に物語が加速していきます。→キューブカレンダーの場面

 

そして欠かせないのが、シェイクスピアの4大悲劇である「マクベス」なのですが、読んだことのない私でも十分に楽しむことができます。

(本の中でも簡単にストーリーの解説はしてくれています。)

 

また、所々にある伏線をきっちり回収してくれます。(私は読者にお任せとかが嫌いなのできっちり伏線回収してくれる小説が好き)

また、この部分も読んでいる内にある程度予測はつきます。且つ、予測通りになるんですが、分かってる+αの面白さがこの小説にはあります。

 

未必とは『必ずしもそうなるものではない』という意味。

読後は、主人公の旅は正に未必のマクベスであったと思うこと間違いなしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Part2 Miyabe Miyuki 『Nameless poison』

Hello!!

 

 I am going to introduce slowluy.

Today,I review [Nameless Poison by Miyuki Miyabe.]

※It includes spoilers.

 

This is a second story of [Saburo Sugimura].

Main character of Sugimura get caught some incident.

 

The first story of [someone] is that he  adopted son-in-law by accident.

 And oneday, he is asked to publish a book about a certain incident.(He works as a publisher.)

Firstly, he just helps to publish, but to write that book, he search the incident, and finds another truth of it....

 

So, [Nameless poison] of the second title that he face  two inccident.

・One women hired as a part time job is too crazy to continue to work.

   Afeter fired from Sugimura`s department, she harass him relentlessly. 

 

・To search crazy women, Sugimura meets a women the victim of the poison muder inccident. And this time, he is asked again to corporate with standing a internet site.

 

What does it mean of two inccident...

 

The thoughts

・The crazy part timer-Izumi Genda is too terrible.

      Because she  spoiled her brother`s wedding to tell a lie that I got sexual abused 

  from my brother. And to revenge precompany, she pour sleeping pill to a cofee.

    At last she act like a treat...

 

・Sugimura is too kind!

Genda’s harassment is too escalate, but his action is loose. 

(After drinking a coffee included sleeping pill, he don’t suspect her sign.So his family involved a incident after all..)

 

On the other hand, the poison murder accident is sad end...

Such a weak boy killed someone...he should’nt use a poison. He may explode a anger to the world.

But at last word he said to Genda feels real.

[I’m murder, so I know how murder is empty.

So you should’nt do this. Please stop it... ]

 

Anger have a reason. Regardless whether it understand or not. 

And if anger felling mistake a way, it hurt someone...

Ms Genda and murder like a weak boy is different case,but it is same.

They couldn’t rely no one, vomit anger to the world...  

 

レビューその2 宮部みゆきさん 『名もなき毒』

こんにちは。

さて、今日のレビューは宮部みゆきさんの「名もなき毒」です。

※若干のネタバレを含みます。

 

こちらは「杉村三郎」シリーズといったお人好しの主人公の杉村三郎がひょんなことから事件に巻き込まれていく様を描いたシリーズの2作目。

 

第一作の「誰か」では、あることがきっかけで大企業今多コンツェルンの娘婿となった杉村三郎が、ある事件に関する本の出版の依頼を受ける(杉村三郎はあおぞら書房という社内報を発行する部署に属している)

最初は本の出版の手伝いだけであったが、出版の為に事件の背景を探る内に事件の別の側面を知る事になる・・・

 

そして第2作となる「名もなき毒」では杉村三郎のもとに2つの事件が・・・

・アルバイトで雇ったある女性がとんだサイコ野郎で、困った挙句辞めさせるが、なぜか執拗に杉村を追い立てる

・そのサイコ野郎の身辺調査を行う中で、立て続けに起きている毒殺事件の被害者の1人に出会い、今度はインターネットサイトの立ち上げの協力を依頼される(杉村が自分で筆を進めた部分もある)

2つの事件が語るものとは…

 

感想としては

・アルバイトの女性ー原田いずみ がとことんムカつく

 (噓をついて、兄の結婚式をめちゃくちゃにしたり、辞めさせられた腹いせにコーヒーに睡眠薬を入れたり、最後には恐喝未遂の行動に出る・・・)

 

・杉村三郎が優しすぎる

原田の執拗な嫌がらせは早い段階でエスカレートしていたにも関わらず、対応がゆるい

(睡眠薬入りコーヒーを飲まされた後も原田を疑ってなかったし、その後に電話がかかってきたときも、警察よりも家族謝った方が良いと悟すような態度だった)

底なしにお人好しなところが彼の良いところかもしれないが、あれほどのことをする女であれば家族にも被害が行く可能性も視野に入れないと!!

 

所変わって毒殺の事件は悲しい結末を迎える・・・

あんなひ弱で優しそうな外立くんが、、、おばぁちゃんに使うのをためらったならそのまま使わなければよかったのに・・・

理不尽な世の中に対する怒りが溢れだした瞬間だったのかな。

 

ただ、最後に彼が原田いづみに言った言葉はとてもリアルな言葉に感じた。

「人殺しだから、人殺しがどんなに空しいか分かるんです。あなたはそうなってはいけません。まだ間に合います。やめてください」

 

人の怒り、それには理由がある。他人に理解できるか出来ないかに関わらず。

怒りの行き先はその方向を間違うと、時として人を傷つける。

原田いずみも外立くんもケースは違えど、怒りをうまく吐き出せなかった。吐き出す先がなかったから世の中に吐き出すしかなったのかもしれない。

 

Part1 Mori Eto (The crescent moon)

This time, the book I'll introduce is 『The crescent moon』author of Eto Mori.

 

I haven't read Eto Mori's title since 『Colourfull』, and the novel was nominated the book award in 2017.(2nd place)Moreover, it was made into a TV drama this year.

 

About the story...

It started that the main character called Goro Oshima met a little girl called Fukiko and her mother Chiaki in1961.

 

At that time,the education of school began to change.So it was very difficult way to create the coaching school .

 

This novel expressed what is coaching school, what is education....

 

I didn't konw she can write that kind of story!!

So I impressed it!!

 

 One recomend point is easy to know about the education industry such a begin,confliction,and compromise.

 

Other recommend point is unique characters!!

Goro is timid,but his thought is strong that save someone who want to help.

 

 

On the other hand, Chiaki is strong person. B ecause she have a goal to develop the education industry intensely.

 

Goro and Chiaki's children called Fukiko,Ran,Nanami also take over parents blood, that is why they is influenced by education.

Nanami's sun called Ichiro choiced a different way from education industry in the first.

But gradually, he choose a education as well..

 

That kind of characters is written by this novel and they clash sometime!!

So I feel anxious and impressed changing their mind!!

 

That's it!!

This is the first English review I wrote.

May be there are so many miss and difficult to read...but if someone interested in this blog, I feel so happy!!

レビューその1 森絵都さん 『みかづき』

今回紹介したいのは森絵都さんの『みかづき』です。

森絵都さんは高校生の頃『カラフル』を読んだ以来。

2017年の本屋大賞にて第2位となり、今年NHKでTVドラマ化もされました。(高橋一生永作博美

 

ストーリーは昭和36年、学校の用務員として働いていた主人公の吾郎が、私的に勉強を教えていることに興味を持った赤坂千秋とその娘、蕗子と出会う事から始まります。

当時学校教育が変わりつつある日本で、塾という概念を新たに作り出した吾郎達だが、それは前途多難な道のりでした。

 

塾とは何だ。教育とは何だ。といった教育をテーマに激動の昭和中期→平成までを吾郎→千秋→孫の一郎の視点で描いていきます。

 

といったおはなし。

 

読後の感想は森絵都さんってこんな話も書くんだ!すごい、面白いと思いました!

一つは、塾という業界の発足から、教育業界との軋轢、和解までを分かりやすく書かれている所。読んでいて凄く勉強になりました。

 

もう一つは強烈なキャラ。

吾郎は前半はのほほんとした、少し気の弱く、ただ困った人に手を差し伸べたい思いの強さを感じさせる主人公。

対象的にぐんぐんと塾の発展という自分の野望に突き進んでいく千秋。

その子供の蕗子、蘭、奈々美もそれぞれの両親の血を受け継ぎ、形は違えど教育に携わっていく。

奈々美の息子である一郎は、教育業界とは距離を置いた生き方を選ぶが、徐々に吾郎の血を感じさせていく、、

 

といったキャラが物語の中で結構ぶつかり合います笑

読んでいてハラハラする場面もありますが、時と共に変化していく心情に心打たれます。

あとはおばあちゃんの頼子の優しさが沁みたな。。

 

と、あまり上手くまとまってませんが教育のあり方、生き方が熱量たっぷりで書かれています!!
 

新たに

こんばんは。

藍坊主の好きなサラリーマンです。

3年ほど前からはてなブログで記事を書いていましたが、この度新しく本のレビューをして見ようと思います。

 

始める経緯としては今年の目標として

『ブログで本のレビューを日本語と英語でやる』

という目標をかかげ早3ヶ月。笑

そろそろちゃんと始めようと思ったので、、、

 

そして内容は『本のレビューを日本語と英語でする』にします!!

 

理由は

・ブログをもっと定期的に更新したい

・英語の勉強をしているが、アウトプットする機会が少ない

・本が好きだけど、読む時間がない(というよりスマホやTVなど他のどうでも良い誘惑に負けてしまう)

 

まぁ例のごとく三日坊主で終わる事は目に見えてるが、せっかくなので一回くらい頑張ってみようと思います。

 

 

「ルノと月の音楽祭」 ~嘘みたいな15年編~ 小田原ファイナル 感想 藍坊主

久々のブログ更新。

というか全然更新してませんでした。。。笑

 

今日は藍坊主というバンドのツアーファイナルに参加してきました。

(藍坊主聴きながら今このブログを書いている!)

 

藍坊主は中学生の頃から毎年ライブに行っている大好きなバンド。

まず、15周年おめでとうございます!!

中学生の時ということで、自分の青春時代を共に過ごしたと言っても過言ではないのがこのバンド。

最初はブルーハーツ系のパンクロックだったけど、これが段々独創的な音楽を作り出して、面白い。(最近は自社レーベルを立ち上げていて

、グッズの製作やpv作成など多岐に渡った活動をしている。)

 

そんな藍坊主の記念すべき15周ライブのセトリがこちら。

1.雫

2.  ウズラ

3.桜の足あと

4.スプーン

5.ハローグッバイ

6.コイントス

7.マザー

8.名前のない色

9.星のすみか

10.Lumo

11.僕らしさ、君らしさ

12.宇宙に行ったライオン

13.ホタル

14. 星霜、誘う

15.降車ボタンを押さなかったら

16.魔法以上が宿っていく

17.群青

 

アンコール

18.レタス

19.嘘みたいな奇跡

 

 

 

以上。最高!!素晴らしいセトリ。

昔からのシングルを振り返って、最後に新曲のレタスで締めるといったとても豪華なセトリでした。贅沢だったなー!

例えるなら、ハンバーグにカレーにラーメン、うどん、寿司、アイス、と大好物が次々と出てきてお腹いっぱいといった感じ!!(例え下手でごめんなさい)

 

 

ここからはセトリと共にその歌にまつわる自分のエピソードを紹介したいと思います。

(知らんわっていう内容ですがお付き合い下さい。)

1.雫

ごめんなさい、大好きなんですが自分はハナミドリから藍坊主デビューしたので当時の思い出は特に無し。

 

2.ウズラ

ソーダに収録。阿藤快さんがPV出演していて、あとうかいかいの印象笑

今日MCで初めて知ったんだけど、阿藤快さんは小田原出身なんだね!

 

3.桜の足あと

出ました!これで自分は藍坊主を好きになった中2の春。。。これ大好きすぎてライブでやると泣きそうになる笑

出会いと別れを爽やかに歌った1曲。

 

4.スプーン

同じくハナミドリ収録なんで大好き。

当時これは恋愛ソングだと思っていたが、家族の温かさを歌った歌なのかと気付く最近笑

そしてカレーが食べたくなる

 

5.ハローグッバイ

高校入ったくらいかな〜?1番藍坊主にハマってた時の1曲。PVがカッコいい。カラオケでもこれは歌う。ここから、歌詞のハロー多い説が始まったような気がする。

ヨーグルトのカップに赤とんぼが止まっているカラカラ乾いた夕日の匂い。といった独特な歌詞なんだけど、スゲーカッコ良いんだな曲になると!これは凄い。メチャクチャリピートして聞いている。のに飽きない

 

6.コイントス

これも大好きな曲。これとホタルと群青がライブでやると最高にテンション上がる曲ベスト3に入る。

何より最初の前奏がカッコいいんだよなーーー

藍坊主は前奏だったり間奏だったり、最後の部分(言い方分からぬ)がとてもカッコいい。

これが藍坊主の好きなところの1つ。

そろそろ4分の1回転しよう

 

7.マザー

藍坊主にはこんな心の温まる曲もある。

当初は、あまり好きになれなかった(完全な好みだが自分はアップテンポの曲が好きなので)

が、ライブで聞くようになってから好きに変わった。ユアマーザー スマイルオンユー ってやるのが好き

 

8.名前の無い色

この辺りは中盤の藍坊主らしさ全開って感じがしますね。アーティスティックな一面がありつつ、ビシビシ思いが伝わってくる感じ。

今回のライブで1番演出がこだわっているなと感じた(コイントスのチカチカするのも良かったけど)

 

9.星のすみか

これ結構思い入れがあるw

当時付き合っていた彼女と藍空音楽祭に行って、これで泣きそうになったわー

大学生だった当時1回だけ髪を染めていた時期に行ったのも良い思い出。(髪染めてた写真がこれくらいしか無い為。なので今の彼女に染めている写真を見せられない。。。)

そして藍坊主が初のアニメ主題歌を歌ったのがこちら。(しかもあんなに大ヒットアニメになるとは…そして何故ユニゾンはあれで注目されて、藍坊主が注目されないんだーーーーーー)

 

10.Lumo

今回のライブは各メンバーが思い入れのある曲を流してくれたのだけど、hozzyが紹介してくれたのがこちら。

あっぶねー、Lumoが大好きな自分としては危うくやらなくなるのはショック過ぎた

(どっちもと言ってくれたファンの方ありがとうございます。その発想が無くて焦ってました笑)

hozzyも言ってたけどこの歌詞の無い不思議な感じがたまらなく好きなんだなーーー

※藍坊主にはそんな感じの曲がいくつかあります。

この曲の前奏も不思議な感じがあって好きです。

 

11.僕らしさ、君らしさ

好きだけどエピソードは特にないんです(><)

 

12.宇宙に行ったライオン

藤森さんが関ジャニ∞に楽曲提供した曲。

生で聞いたら凄く藍坊主っぽく聞こえました笑

 

13.ホタル

これも大好きな曲。ただ、大好きなんだけどこの辺りから就活〜就職の為前より頻繁に聞かなくなる。。。もちろんCDは買ってたし、ライブも行ってたけど、歌詞をフルに全部覚えられなくなっていました   ごめんなさい

因みにこちらのPVに、自分の会社の同僚の友達が出演しているとの事。(子供役) なんだってーーー!?

 

14.星霜、誘う

これもアップテンポ好きの自分は敬遠してたけど、とても良い歌。ライブでは時たまコラボしてくれます

 

15.降車ボタンを押さなかったら

この頃にレーベルを立てるか悩んでたのかな?

1番藍坊主離れしてたかも

この頃の曲はあまりライブだとやらない気がする、そして初めて聞いた!

降車ボタンを押さなくてよかった。。。( ; ; )

 

16.魔法以上が宿っていく

最近の藍坊主で1番好きかも

レーベルを立ち上げて大変だったと思うけど、もう一度立ち上がろうという彼らの思いを感じる一曲。これライブで聞いた時泣けたわ。。。

そしてライブでPV撮影しちゃうという偉業!

あの女の子緊張してたなーー いつか売れて最初の撮影があるバンドのPVで・・・というエピソード期待してます。

 

17.群青

 ハイ、これきました。藍坊主らしさ全開の曲が戻ってきたと思わせる一曲。

ハローグッバイ以来の衝撃。これマジでカッコ良い。

何度も言ってますが、前奏でテンション上がります!そして空がクソみてぇに綺麗だったよながお気に入り

 

18.レタス

そして今回の新曲、レタス。これが聞きたくてAmazonnアンリミテッド入りました笑笑

これも名曲の予感。疾走感と藍坊主らしい色褪せない青春がここにある

 

19.嘘みたいな奇跡

直近のアルバム 木造りの瞬間からの一曲。

今回のツアータイトルにもなっている。これも歌詞見るとめっちゃいいなーーー

まだ終わらないでね、、来世までついていきます笑笑

 

 

と、藍坊主と私の青春をセトリと共に振り返ってみました。

普段こんな長いブログは打たないし、打つ元気もありませんが、今回のライブがめちゃめちゃ良くて、この余韻を忘れたくないのでこんな記事を書きました。

 

全然読んでる人いないから自己満になってるけど、、、誰か藍坊主が好きな人が読んでくれたら嬉しいです。

好きじゃない人も、こんな人が熱狂するバンドあるんだな、ふむふむと興味を持ってもらえたら幸いです。

 

最後に一言、藍坊主最高ーーーー!