人生は一度きり

備忘録として。日々のことを綴っています。自己満足なのであしからず

切替

昨日は良い一日だった!

久しぶりにサバゲーをして、お風呂に行って、酒を飲んで、ロシア人のパブに行って、、、笑

 

楽しい1日!!

 

今日は午前中に映画を観た!

「しあわせはどこにある」

中年の精神科医の主人公がふとした事で、しあわせ探しの旅に出る。

 

彼が出した最終的な答えは「愛」(元々一緒に住んでいる彼女。勝手に旅行に行った主人公と、喧嘩しちゃうんだけどね)

 

恐怖と不安と幸せは表裏一体のようだ。

そう言った表現が文中に含まれていた。

 

不幸を避けるのが 幸福への道ではない

< Avoiding Unhappiness…is not The Road to Happiness>

 

「さて、幾人の人が憶えていることだろう? 子供の頃、全てが幸せに満ちていた時を。キラキラ輝いていた時間を。まだ、世界には不安の欠片も無い頃を。・・・でも、大人になると何もかも上手くいかない。まるで毎日が幸せを探す旅のよう。なのに追うほど幸せは逃げていく。だから幸せ探しはほどほどにして味わうべきなんだ。何かを探すことの幸せをね」

 

度々、幸せとは何かと勉強していて、本を読んだり、映画を観たり、人と話したりしてるけど、

 

幸せは自分で見つけるものなんだよね。

何が自分にとっての幸せなのか。

 

親はやっぱり今の彼女と幸せな家庭を築くことかな。その為に仕事も頑張ろうと思う。

それに嫌気しかない仕事も、皆んな生きる為に、誰かを幸せにするためにしてるんだよね、

 

人を騙したり、不当なことをして利益を儲けようとはしていないはず。

ダメなシステムを作るために仕事してる訳じゃない

 

クライアントの困ってることを聞いて、出来ることを提案して、困ってることを解決できるものを提案しているのがこの仕事なんだよね。

 

誰だって嫌な思いをしたいから仕事してる訳じゃないんだよね。

それを忘れないようにしたい